カテゴリ:本:その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | page top↑

お兄ちゃんは自閉症


お兄ちゃんは自閉症 牧純麗 森由美子
 
 
 副題は「双子の妹から見たお兄ちゃんの世界」で、現在12歳の牧純麗ちゃんが10歳のときに英語で書いた手記を森さんが訳したもの。そのあとに、自閉症という障害や、その家族・きょうだい・私たちのようないわゆる世間の人にできることなどについての森さんの解説が載っています。

 私が利用している育児掲示板で、ちょくちょく「うちの子は自閉症ではないかと心配になります」といった相談を見かけるんだけど、あんまり安易に(じゃないのかもしれないけど)自閉症じゃないかと公言するのってどうなの??といつも思うので、ちゃんと自閉症とはどういうものか知らないといけないよなと思ったのと、妹からの視点っていう切り口にひかれて読んでみました。

 自らも自閉症という方が前書きの中で(自閉症児とそのきょうだい児への対応で)「公平と平等は違う。公平にしようとして、なんでも同じに、平等にと思って苦しんでいる親御さんが多いのでは。それぞれに必要なことは違うし、それぞれにとって必要なことをしてやるのが公平ということ」というようなことを書いていて、膝を打った。

 妹である純麗ちゃんのお兄ちゃんへのまなざしは、困惑や迷惑、恐怖、不安といったものが支配しているのじゃなくて、完全なやさしさに溢れていて、こんなふうに接することができるのなら、もし障害を持った子を授かっても、家族で協力してやっていこうと思えるかもしれないと勇気づけられる思いだった。
 でもその反面、そんな生易しいものじゃないだろう、こうやって障害を知ることは大切だと思って本を読むことさえ、なんだか高みの見物をしてるようで、結局はそういう状況にないがゆえの余裕の表れのような気にもなってしまう。


 
 さて、だいぶこの読書記録ブログもご無沙汰だったけれど、いつものように「読んだけど書かなかった」のではなく、本当にまーーーったく本を読まなかった。この本超久しぶりの読書となりました。
 その理由は、空き時間はほとんど娘の洋服を作っていたからなんだけど、去年の11月から始めて、今までに結局20数着作りました。
 そして分かったことその①は「そんなに服いらない」ってことですが・・・まあ楽しかったので仕方ない。
 その②は「ワンピースと半ズボンは要らない」。最初はかわいいので、ワンピースとか、ぷっくりデザインの半ズボンとか作って、スパッツと重ね着させていたんだけど、公園で遊ぶようになってみると、ワンピースは裾を膝で踏むので危ないし、外で這う場合長ズボンじゃないと汚い&すれて痛そう・・・なので、最近はTシャツやパーカと長ズボンばっかり作ってます。で、しょっちゅう娘は坊ちゃんと言われている。

 というわけで、最近は遊ぶといったら公園が定番なんですが、今日見かけた小学生3人組は妙な遊びをしていてホント笑った。
 女の子1人と男の子2人。女の子「縄跳び持っといで!先に持ってきた方にご褒美あげる!」嬉々としてダッシュで縄跳びを取りに行く男の子二人。へえ~なんて思いながら見てたら、次は男の子たちがハイハイして女の子を追いかけだした。女の子「お手!!」もちろん嬉々として「キャンキャン」とか言いながらお手して、頭なでてもらってご褒美(お菓子)もらう男の子二人。広い公園を走り回る飼い主と犬・・・延々とやっていた。
 帰って夫に話すと「度Sと度Mなんだわ」と。まさに!!
スポンサーサイト
本:その他 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

きょうの猫村さん(2)


きょうの猫村さん(2) ほしよりこ

 図書館で予約したら、1巻ではなく2巻が貸し出し可に。はじめ3巻、次4巻と読んだんだから、いまさら順番なんて関係ない。
 あーほんとに面白い。尾仁子いい子だなー。
 ネットでも読めるけど、やっぱ紙で読みたい。全巻買いたいくらいだ。


 
 妊娠前からアルコールとカフェインに気をつけてきたんだけど、アルコール断ちは続いてるものの、カフェインは断つどころか、最近は浴びるほど摂っている。
 今日まだ11時だけど、すでにコーヒー500cc飲んだ。緑茶もチョコレートも、ここんとこ毎日。
 カフェイン摂取したお母さんの母乳を飲んで、赤ちゃんが興奮状態になって寝なくなるとか聞いたことあるけど(うちはそれはない)、それ以外に、なんか娘に悪い影響あるんだろうか。いや控えようって言われてるんだから、良くない影響あるんだろうけど、具体的になんなんだろう。目に見えて何か起こってないから「カフェインってあんまり良くないらしいけど、ママコーヒー飲むと幸せになるから、かえっていいかもよー」と娘に一応断って(?)飲んでる。
本:その他 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

きょうの猫村さん


きょうの猫村さん(3) きょうの猫村さん(4) ほしよりこ

 図書館に3,4巻しか置いてなかったので仕方なく3巻から読んだ。
 うむむー♪ これも面白かった。人気なの納得。
 
本:その他 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

僕とポーク


僕とポーク ほしよりこ

 図書館にこんな漫画も置いてあるなんてねー。
 とーっても面白かった♪
 表題作もよかったけど、一番は『たろちゃん』かなー。
 腕組みしてるよその奥さんに理由を聞くと「ブラし忘れたのよ」っていうのとか、そういう小ネタや登場人物たちの会話がいちいち面白かった。
 子どもの「○○買って」の裏にある理由、買うかどうかを真面目に検討する親・・・かわいい話で読み終わったら幸せな気分になった。



 小さい子がつなぎを着てるのが好きなので作ってみたけど、この型紙を買ったお店、ものすごーーーく対応悪かった。ことばは丁寧だけど、やることがいちいち遅くてホントいらいらさせられた。入金確認が遅い、もちろん発送も遅い。しかもサイズ間違ってるし、正しいサイズ送ってくれるまでも遅い上に、なんの謝罪の文言もなしにぺらーんと型紙だけが送られてきた。こっちのメールには数日返事しないくせに「翌日までにご連絡なければ、こちらの提案どおりにいたします」とか書いてくる。あーホントにうっとうしいお店だった。

本:その他 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

予想通り


ちょっとだけ 瀧村有子 鈴木永子

 弟が生まれお姉ちゃんになったなっちゃんは、赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんに頼らず、なんでも一人でがんばっている。でも眠くなって、お母さんに「”ちょっとだけ”だっこして・・・」とお願いする。


ちいさなあなたへ アリスン・マギー

 (帯より)母でいることの幸福、喜び、不安、痛み、そして子どもへの思い―――母であることの全てがつまった絵本。

 
 どちらもMOEで紹介されていて、紹介文読んだときから泣きそうで、これは絶対泣くなと思って読んだら、予想通り涙ぼろぼろ。
 『ちいさいあなたへ』は、読んだ夫が「サークルオブライフ」とライオンキングなことを言っていた。
 母と義母に、おすすめっと言って『ママはテンパリスト』はプレゼントしたけど、この本もぜひ読んでもらいたい。母であるだけでなく祖母でもある彼女らは、もっと感じることがあるだろう。
本:その他 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。