2009年 03月
02 | 2009/03 | 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | page top↑

ニューヨークのとけない魔法


ニューヨークのとけない魔法 岡田光代 (図書館)

 あー面白くなかった。

 最後まで読んだ本をブログに記録することにしてるんですが、この本は、この一言が書きたいがために最後まで読みました。

 新聞の書評でも、一般の方のレビューでも好評、心温まるエピソード満載・・・ってことだったので読んでみたんですが。
 去年『ルポ貧困大国アメリカ』を読んで、アメリカへの憧れがゼロになってたことも無関係じゃないだろうけど、多分一番の原因は、作者の書きっぷりが好きじゃなかったこと。なんかいちいち大袈裟で。そんなたいそうな感想持つような出来事か??と。

 だいたい自分をエッセイのネタにするときって、笑える失敗談とか、こんなふうに思ってしまう私ってちょっとイタイよねとか、やや自虐っぽく自分を落とすと思うし、それでこっちも親近感もって分かる分かる~とかあはは~とか気分よく読めるんですが、この人の場合、自分が出てくる話はたいてい褒められたとか、何でも楽しめる素敵な自分♪みたいな感じで、読んでて「はいはい、分かりました」って気持ちになった。

 なんて思うのは私の心が狭いせいなのかな??
 ま、それでもいいけど。なんにせよ久しぶりに読んだこっつまらない本でした。
スポンサーサイト
本:エッセイ | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

山田風太郎育児日記


山田風太郎育児日記 山田風太郎 (図書館)
 

長女の生後十ヶ月目の育児日記にはこうある。

「八月十三日(土)晴:佳織、夜十二時になりても騒ぎて眠らず、灯を消しても暗さの恐怖知らざれば平気にて、上機嫌でアーアーという。余は眠るに能わず、仕事をすることも能わず、やむなく家の外に出てタバコふかしおりしが、これもばかばかしくなりて入り、ついに佳織に葡萄酒を飲ます。てきめんに寝てしまう。ヤレヤレ」

 気持ちはよくわかる。わかるが、あまりにも大胆である。


 たまたま見つけた「本のメルマガ」の柳瀬徹さんの記事「育児と書」のこの部分を読んで、これは面白そうだぞと思い、『山田風太郎育児日記』を読んでみました。
 (この紹介者である柳瀬さん(書店員を経て編集者になった方だそうですが)の文章、すごく好き。一文が長くて例えが面白い。)

 さて本書ですが、一気にぴゅーーーっと読んでしまった。面白くてどんどん進んでしまって、もったいなかったほど。
 こう思った、ああ思ったといちいち書かず、多くの日は単に出来事を書いてるだけの、冷静でちょっと距離がある淡々とした文章が、逆に笑いや涙を誘います。単なる出来事の記録(しかも著者のファンとか知り合いでもなく、まったくの赤の他人の育児日記)でさえ、うまい人が書けば、こうも面白いんだな。幸せな気分になりました。

 長女佳織さんの誕生から中1の年までが書かれているこの日記、佳織さんが結婚するときに渡されたそうです。これ以上の結婚祝いはないな。
本:エッセイ | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

箸の上げ下ろし


箸の上げ下ろし 酒井順子 (図書館)

 もう少し酒井節に浸りたくて借りてきました。テーマもまた「食べ物」。
 NHKのきょうの料理の連載をまとめたもので、「場所」「道具」「郷愁」「場合」の4つのテーマで、それぞれ十数個のエッセイが載っています。
 
 もちろん中身も楽しく読みましたが、あとがきが特に良かったです。
 今は、誰が誰とどこで何を食べても、それは異常でも正常でもなく、食シーンはものすごく多様。でも「毎日、何かを食べている」ということだけは、今も私たちに共通している、と。 
 なんかすごく「おおー」と思いました。国、宗教、性別、年齢、状況、趣味、性格・・・なにもかも違う人間同士が、共通してやってるのが「食べる」ということかぁと思うと、食べることが壮大かつ偉大なものに思えました。

 そんな偉大な「食」だから、「ああ、これ食べたらまた太る。私ってほんと意志が弱い」なんて思わず、ああおいしー!!と素直に食べるべし!と、またしても食欲をコントロールできない自分を正当化する理由を見つけてしまいました。
本:エッセイ | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑

ごはんの法則


ごはんの法則 酒井順子 (古本購入)

 お正月にブックオフでまとめ買いしたうちの1冊。 『負け犬の遠吠え 』が話題になったとき名前だけ覚えてました。
 
 食べることが好きという著者が、さまざまな食べ物について、単にその味が好きか嫌いかだけじゃなくて、どういう状況で食べるのがいいか(または嫌か)、誰と食べるのがいいか(嫌か)などを書いています。
 エッセイで食べていける方って、当たり前だけど、本当に上手に「どうしてそう思うのか」が書けるんですね~。酒井さんの本は初めてですが、はっきり言うのにきつくない、文句言ってるのに嫌な気分にならないって感じでした。ご本人も大いに自覚されている「自意識過剰」な性格がもたらす余分な気の使いよう、不要な想像が面白かったです。そんなことまで考えて食べてるんだーあはは、と。

 「食」ってつくづく個人的なものですねー。酒井さんと私とでは「こう食べたい(こう食べたくない)」というのの多くが違いました。自分では普通の感覚でいることが、他人にとっては「?」ってなことがよくあるのが食習慣なのかも。
 
 今ぱっと思いつく、私のごはんの法則は、
・「ばっかり食べ」派。
・ソースはかけない、または別添えで。
・つゆだく反対。
・かきまぜ反対(カレーや丼物)。
・お弁当は冷えたままで(コンビニのも自作のも)。
・大皿料理のときは、最初にどこまで私が食べていいのかはっきりさせたい。
・1つのものを2人で分ける場合、一人が切り分け、もう一人が選ぶ。
本:エッセイ | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。