スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | page top↑

「英語が使える日本人」は育つのか?


「英語が使える日本人」は育つのか? 山田雄一郎 大津由紀雄 斎藤兆史 (図書館)

 文部科学省が打ち出した「『英語が使える日本人』育成構想」の批判から始まって、ではどういう英語教育がいいのかなどを3人で話しています。

 なかなか現実的で正直でいいなと思ったのは「学校教育だけでは英語を使えるようにはならない」とはっきり言っていることです。それプラス、学校教育というのはすべての日本人に最低身につけて欲しいことを教えるものだが、果たしてすべての日本人が英語を使える必要性があるのか?、いやないだろう、と言っています。
 では学校教育の英語には何を求めるかというと・・・
 中途半端な母語能力しかない者が中途半端な外国語を身につけた場合、何語でも世界とやりあえないという最低な結果になるから、まず母語が大切。その母語の基盤と、英語の基盤には共通するところがあるが、その基盤を確固たるものにすることで、「ことばへの気づき」を促し「ことばの力」をつけることができる。つまり、一番大切なのは(母語の)「ことばへの気づき」と「ことばの力」で、そのために、共通の基盤を持つ英語を利用する、ってことかな?と思いました。
 
 先日の算数の本といい、この本といい、なんか途中で「それってどういう意味??」ってことがよくあって、たとえば今書いたばかりの「ことばへの気づき」ってなんとなくしか分かってないし、「国語のことではないんですね、母語のことなんです」って言われても意味分からない。だから今までの説明も、あってるかちょっと自信がないです。
 なんか自分がバカになってきてる感じがする今日この頃。。。
  ・・・という愚痴は置いといて、先へ進みます.....

 学校教育では基盤を教えることに終始しても、さらに英語を学びたい人には、より高度な英語力をしっかり身に付けられる施設なり教材なりを国として用意するのがいいと言っていました。
 
 『結局のところ、より努力した人間、より根性のある学習者がより高度な英語力を身につけるという「根性仮説」に辿り着きます(笑)』という発言がありましたが、もうこれに尽きるんじゃないかと思います。
 そもそも外国語の習得というのは、本当に大変なことで、それには相当量の努力を相当な長時間継続する必要があって、そんなことを全国民に強いても到底できないだろうと。だから学校教育に期待したって駄目、というよりキャパ超えちゃって無理、だからある程度教えてもらって、もっと英語を勉強したいのなら、そこから先は個人の努力でカバーするしかない。
 どんな職業に就くにしたって、そこで必要なものって学校というより現場で自分で学んでいくはずだし、英語だってそれと同じなんだろう。


スポンサーサイト
本:その他 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

手相観(テソーミ)

 bourgogneさんのところで紹介されていた「手相観(テソーミ)」、私も早速やってみました。

〈ほんとうのわたし編〉

明るく前向きで、みんなの人気者のあなたは
規則などにしばられることは苦手かもしれませんが、
なにごとも自由を好む、いきいきとした人です。
ものごとの考えかたはバランス感覚に長けた安定派。
まわりの人からの信頼を勝ち得るタイプです。
感情線から判断すると、周囲に対してオープンマインドで、
おっとりと豊かにものごとを受け取る、穏やかな性質。
また、運命線から見ると、人生において
まだ、ハッキリした方向性が決まっていないようです。
でも、それは「人生の自由時間」であると考え
いろんな方向にアンテナを研ぎすましましょう。
突き進むというより、いまは「探す」時期。
目的が明確になりさえすれば、運命線は、濃く強くなっていきますよ。
あなた自身の内面については、異なるふたつの個性があるようです。
その二面性を大切にして、スケール大きく、バランスを心がけて生きていきましょう。
いまは、まわりの人やものごとを動かす、大きなエネルギーを持てています。
スケールの大きなはたらきをし、強い影響力を与えるちからが備わっているときです。
気になるのは、いろんなことに対して少しがんばりすぎているのかも。
まわりの人に少し暑苦しい印象をあたえないようもう少し気楽にいきましょう。
性格的には、自分というものをしっかり持っていて、ハキハキとしていて明るく前向き。
大きく、強いエネルギーに溢れています。
そのちからを、ご自分や多くの人々の人生に活かすことができそう。
自分自身に対しては、自信をもっているようですから、
責任ある仕事を進めていくことができるでしょう。
リーダーシップを発揮できる人です。
次に、生命線と頭脳線の関係から見ると、明るく行動的な「じゃじゃ馬」さんですね。
なによりも自由であることを好みますが、集団生活は、ちょっと苦手かもしれません。
気をつけたいのは、こころのなかやあたまのなかが忙しいと、
見えてこないことも、あるということ。
ちょっと深呼吸をしてみることも大事です。
あたまで考えたことや、そのときの感情だけで、答えを選ばないようにしてみましょう。
周囲に対しては、輝かしい成功を成し遂げる人というより、
クラスや職場での人気者というキャラクター。
持ち前のほがらかさ、性格のよさで、今後も、周囲の人たちを明るく照らしていくでしょう。
最後に、もうすこしだけ、ユーモアというステキな知性を身につけて
こころがはずんでくれば、人生がもっともっと楽しくなりますよ!



 どうなんだろ、当たっているとは言いづらいほど、あんまりにもいい風に書かれてる。

 ただ、最後の「ユーモアというステキな知性」っていうのは、ほんとに自分に足りなく、ぜひとも身につけたいと長年思ってることなので、このアドバイスはありがたく頂きます。
 ユーモアのあること言って、よどんだ空気を変えるって相当素敵です。その域に達するのは無理でも、せめてユーモアや軽い冗談を受け入れる程度の心の広さは持ちたいよなー。私は「ボケ」か「つっこみ」かで言うと・・・なんて前置きが要らないほど「つっこみ」派で、人の失敗とか間違いはネタにしてちょいちょいからかうんですが、いざ自分がつっこまれると、それはもうすぐ気ぃ悪くして「それはさあ!!!」なんてムキになって反論するタイプなんで。つっこまれて「えへへ。」と笑える人見ると、もうそれだけでなんてすごい人なんだと思います。



雑記 | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑

ハッピーになれる算数


ハッピーになれる算数 新井紀子 (図書館)

 残念ながらハッピーになれず。中学生以上が対象の本だけど、私には難し過ぎ。
 私は文系人間ですが数学は好き。もちろん数学的センスっていうのはないし、大した成績でもなかったけど、嫌いにはならず、こうして本を借りるくらいの興味は未だにあるわけで。だけどあんまり面白く読めず(分からないから)。
 算数や数学から離れて久しい32才だからだめだったのかな?私が中学生ならもっと分かったんだろうか。。。

 先日新聞に数学のセンスについての記事があって、「99×99」というのを見て、センスのある人は、99が「100-1」であることがぱっと思いつき、それを利用して解くそうで、そういう能力をつける授業をしているという小学校が載っていました。その記事を面白く読んでいたのもあって、この算数の本も、中に載ってる問題もすべて解く気で借りてきたんですが。

 「分からなくなったら分かるところまでページを戻って、そこからまた読もう」という冒頭のルールも守れず斜め読みしまくり。「仕組み」が分かると気持ちいい、「そもそもどういうことか」という仕組みが分かる体質になろう、という趣旨はすごくいいなと思って読み始めたんだけども。大変残念。



本:その他 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

「婚活」時代


「婚活」時代 山田昌弘 白河桃子 (図書館)

 本の中でなるほどと思ったのは、『女性は小さいころから、「○○ちゃんに誕生日にこれあげたら喜ぶかな~♪ それともあれの方がいいかな?」など人の気持ちをくむコミュニケーション活動を多くしているが、男性は女性と付き合うことでしか、その能力ははぐくまれず(男性同士ではそういうことをしないので)、モテる男性は女性との付き合いを重ねるごとにますますモテ男に、モテない男性は、コミュニケーション能力を磨く機会自体がないため、いつまで経ってもモテないまま。』ということ。

 確かに女の人って、小さいときから手紙やりとりしたり、何か作っては誰かにあげたり、誕生日会開いてみたり・・・なにかとコミュニケーション活動してる。男の人ってしなさそう。男性には、何でもいいから女性と接する機会をまずは作れ、と書いてありました。

 あとは、少子化対策としてよくあがるのが子育て支援策だけども、「そもそも結婚しない男女が増えていることが少子化の原因だ、だから子育て支援を考える前に結婚を支援するべきだ」とあって、それもそうだなと思いました。たしかに、日本はフランスみたいに未婚で子供ってわけには、なかなかいかないもの。



本:その他 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

新しい町からこんばんは。

 大学時代から今まで、短くて1年、長くて4年で引っ越していて、これで5回目の転居なんですが、今回は一番長く住める予定。
 ほどよく都会で(うちの県内では)、なかなかの住み心地です。

 引っ越し準備中は本を読むゆとりがなかったけど、新居に着いてしまえば片付けの合間にも、やはり活字が恋しくなるわけで、早速図書館へ行きカードを作り借りてきました。
 夕方、かなり空腹だったので、すべて食べ物関係の本となりました。



なにたべた? 伊藤比呂美 /枝元なほみ (図書館)

 伊藤さんはお初、枝元さんはテレビの料理番組でよく見かけるので知ってました。
 友人同士である二人のファックス交換。食べたものを書きつつ、家族や恋人などとの人間関係について思うことも書いてあります。まあ、どこの友達同士もこういう話するよねってな感じの話。
 枝元さんって、顔も体もまんまるで、いつも不自然なほどにっこにこして「○○だなって思ってます」(なぜ「思います」じゃないのか?)って話す人で、もともと好きじゃないんですが、その人が「えっちすんの」とか書いてて、非常に非常に違和感。どーみても性的な雰囲気ゼロなのに。あとは、あんまり楽しんで料理の仕事してなさそうだった。一緒に仕事した編集者やカメラマンの悪口風なことも書いてたし。この人たちと料理本作れて、なんて私は幸せなんだろうっていっつも言ってた高山さんとは、同じ料理家同士なのに、ものすごい違い。


 お好み焼57枚の思い出 あの日あの味あの笑顔 (図書館)

 楽天にもアマゾンにも売ってないらしい。。。
 お好みソースといったらオタフク。そのオタフクが募集した「お好み焼にまつわるエッセイ」に全国から寄せられたエッセイのうち、厳選57の話。
 ああ、この本借りるなんて、どんだけお腹空いてたか分かる。
 でも読んでみたらなかなか良かったです。お好み焼をまんなかに、そんなドラマがあるなんてねえーと。
 もちろん私もお好み焼食べました。朝から。しかも3枚。しかも2日連続。ソースはオタフク。



パパンがパンnew パンの会 /渡辺政子 (図書館)

 半年ほど前から、猛烈にパンが好きなので。なんでこんなにパン好きになったのか不明。
 本に載ってるのは、ほとんど東京のほうのパン屋さんのパンなので、私は読んでも買いにいけないんだけど。読むだけでも美味しそうです。
 これももちろん読めばパンを食べたくなり、今週は毎日お昼にパンを買いに行きました。




本:まとめて | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。