スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | page top↑

第3の人生の始まり


第3の人生の始まり 銀色夏生 (購入)
 
 帰ってきた「つれづれノート」。これで15冊目。
 これからは1年1冊と言わず、書いたらすぐ出してくれるとのこと。楽しみ。 

 まあ15冊も書いていれば、その間に考え方に変化があるのは当たり前だろうけど、この人の場合、結構な強い口調で言い切ってるので、それが変わってると、「あれ、あのときあんだけ言ってたくせに・・・」とちょっと面食らうね。
 たとえばファンの人が尋ねてくることを、くそみそに言ってましたが、今回はメール出したり、食事に誘ったり、自宅を訪ねてきた人にサインしたり。そして、その人らを全く悪く言わず。
 あはは。笑えるほどの変化。
 でもこれがこの人っぽいかも。今思ってることはあくまで「今」の気持ち。1秒後は知らない。変化大歓迎、前のことは関係ないって感じが。

 何かがうまくいかないとき・・・相手に問題を見つけて批判するか、自分に問題を見つけて反省するか、2パターンに分けられるとしたら、銀色さんは完全に前者。あまりにも毎度毎度相手ばっかりが悪いので、そこはちょっと唖然とするほど。たまには自分に改善点を見出したほうが楽なような。。。

 ・・・と、昔のように「そう考えたらいいんだー」的に頼りにする感じでは読んでないけど(私ももう中学生じゃなくなった)、銀色さんが書き続ける限り、私も読み続けます。
スポンサーサイト

本:エッセイ | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
彼女のこんだて帖 | top | インターセックス

comments

こんにちは。
銀色夏生さんって、そういう方だったんですか?
私、一度も読んだことないのですが、
本の装丁のイメージから、ふんわり柔らかな物腰の方とばかり思っていました。
でも、その時の自分を惜しげもなく晒せるというのも、
ある意味、特別な感性を持った人なんでしょうね。
人間って興味深いです。

さて、私の英語日記ですが、
更新は非常に頻度が低いうえ、
数行のコメント返信でさえ、アップアップの私ですので、
もっとCiao*さんとお話したいと思い、
恥ずかしながら、私のもう一つのブログをリンクいたしました。
お時間のある時に、ご訪問&コメントなどいただけると幸いです。
もちろん、英語日記の方も、これからもよろしくお願いします!
bourgogne | 2009/02/13 | URL [編集] | page top↑
銀色さん
ciao*さん、こんばんは。
僕も銀色さんの詩もエッセイも読んだことがないです。本屋さん等で名前はよく目にしますけど。今度エッセイを読んでみようと思います。

君子豹変す、と言いますが、割と女性の方が言ってることがよく変わるような気がします。「あのときはそう思ってたけど、今は……」と言われて驚くことがあります(^_^;。もちろん個人差も大きいでしょうけど。
okada | 2009/02/13 | URL [編集] | page top↑
Re:
bourgogne さん こんにちは。
銀色さんってそういうイメージですよねー。
詩の感じとご本人もかなりイメージ違うと思います。
つれづれノートも、ただの日記なんですが、
お金出して買いたい(高いんですよ。文庫なのに700円)って
思う人がいっぱいいるわけで、
そういう日記を15年もかけるってだけでも、
やはりただの人ではないと思います。

そして

>もっとCiao*さんとお話したいと思い、

なんと嬉しいお言葉~!!
早速伺います。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
ciao* | 2009/02/14 | URL [編集] | page top↑
Re: 銀色さん
オカダさん こんにちは。
銀色さん、いっぱい本出してますもんね。
エッセイを読まれるなら、ぜひ「つれづれノート1」からどうぞ。
1は銀色さんが30才前後だったと思います。
今よりだいぶかわいいです(顔も性格も)。
そして薄いです(本も体型も)。

>「あのときはそう思ってたけど、今は……」
しょっちゅう言ってます。
銀色さんのこと言えません。あはは~( ̄w ̄)
ciao* | 2009/02/14 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ciaopeanuts.blog118.fc2.com/tb.php/29-ded7d7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。