スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | page top↑

ハッピーになれる算数


ハッピーになれる算数 新井紀子 (図書館)

 残念ながらハッピーになれず。中学生以上が対象の本だけど、私には難し過ぎ。
 私は文系人間ですが数学は好き。もちろん数学的センスっていうのはないし、大した成績でもなかったけど、嫌いにはならず、こうして本を借りるくらいの興味は未だにあるわけで。だけどあんまり面白く読めず(分からないから)。
 算数や数学から離れて久しい32才だからだめだったのかな?私が中学生ならもっと分かったんだろうか。。。

 先日新聞に数学のセンスについての記事があって、「99×99」というのを見て、センスのある人は、99が「100-1」であることがぱっと思いつき、それを利用して解くそうで、そういう能力をつける授業をしているという小学校が載っていました。その記事を面白く読んでいたのもあって、この算数の本も、中に載ってる問題もすべて解く気で借りてきたんですが。

 「分からなくなったら分かるところまでページを戻って、そこからまた読もう」という冒頭のルールも守れず斜め読みしまくり。「仕組み」が分かると気持ちいい、「そもそもどういうことか」という仕組みが分かる体質になろう、という趣旨はすごくいいなと思って読み始めたんだけども。大変残念。


スポンサーサイト

本:その他 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
手相観(テソーミ) | top | 「婚活」時代

comments

>私は文系人間ですが数学は好き。

私も、そうです!
なので、この本の趣旨には興味シンシンです。
そして、私の血を受け継いで、超文系人間かつ算数が苦手な娘をなんとかするために、
この本は読んでおこうかなあ・・・と思いました。
bourgogne | 2009/04/19 | URL [編集] | page top↑
bourgogne さん
>なので、この本の趣旨には興味シンシンです。

そうなんですよ!! 
すごく魅力的ですよね、仕組みが分かる体質!
面白く読めなかったことが何とも悔しくて、もっとじっくりと取り組める状況のときに読めば、少しは違ったかも・・・と往生際悪く思ったりしてます。
私は撃沈しましたが、ぜひbourgogneさんがリベンジ(?)してください! 
ciao* | 2009/04/19 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ciaopeanuts.blog118.fc2.com/tb.php/40-d9600d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。