スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | page top↑

「英語が使える日本人」は育つのか?


「英語が使える日本人」は育つのか? 山田雄一郎 大津由紀雄 斎藤兆史 (図書館)

 文部科学省が打ち出した「『英語が使える日本人』育成構想」の批判から始まって、ではどういう英語教育がいいのかなどを3人で話しています。

 なかなか現実的で正直でいいなと思ったのは「学校教育だけでは英語を使えるようにはならない」とはっきり言っていることです。それプラス、学校教育というのはすべての日本人に最低身につけて欲しいことを教えるものだが、果たしてすべての日本人が英語を使える必要性があるのか?、いやないだろう、と言っています。
 では学校教育の英語には何を求めるかというと・・・
 中途半端な母語能力しかない者が中途半端な外国語を身につけた場合、何語でも世界とやりあえないという最低な結果になるから、まず母語が大切。その母語の基盤と、英語の基盤には共通するところがあるが、その基盤を確固たるものにすることで、「ことばへの気づき」を促し「ことばの力」をつけることができる。つまり、一番大切なのは(母語の)「ことばへの気づき」と「ことばの力」で、そのために、共通の基盤を持つ英語を利用する、ってことかな?と思いました。
 
 先日の算数の本といい、この本といい、なんか途中で「それってどういう意味??」ってことがよくあって、たとえば今書いたばかりの「ことばへの気づき」ってなんとなくしか分かってないし、「国語のことではないんですね、母語のことなんです」って言われても意味分からない。だから今までの説明も、あってるかちょっと自信がないです。
 なんか自分がバカになってきてる感じがする今日この頃。。。
  ・・・という愚痴は置いといて、先へ進みます.....

 学校教育では基盤を教えることに終始しても、さらに英語を学びたい人には、より高度な英語力をしっかり身に付けられる施設なり教材なりを国として用意するのがいいと言っていました。
 
 『結局のところ、より努力した人間、より根性のある学習者がより高度な英語力を身につけるという「根性仮説」に辿り着きます(笑)』という発言がありましたが、もうこれに尽きるんじゃないかと思います。
 そもそも外国語の習得というのは、本当に大変なことで、それには相当量の努力を相当な長時間継続する必要があって、そんなことを全国民に強いても到底できないだろうと。だから学校教育に期待したって駄目、というよりキャパ超えちゃって無理、だからある程度教えてもらって、もっと英語を勉強したいのなら、そこから先は個人の努力でカバーするしかない。
 どんな職業に就くにしたって、そこで必要なものって学校というより現場で自分で学んでいくはずだし、英語だってそれと同じなんだろう。

スポンサーサイト

本:その他 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
食をめぐる旅 | top | 手相観(テソーミ)

comments

なんだかむつかしい。
「国語のことではないんですね、母語のことなんです」と言う表現が出てくるまで、外国語を学ぶ前にきっちり国語をやることが大事だと言いたいんだと勝手に理解してたわ・・・
>どんな職業に就くにしたって、そこで必要なものって学校というより現場で自分で学んでいくはずだし、英語だってそれと同じなんだろう
ホントそう思う。現場で学ばないと全然仕事にならないなーって感じることの連続だった。
英語しゃべれるようになりたい!なんて軽く思ったりするけれども、そこまでの努力ができない私には絶対に無理だって思う。ついでに、熱意もそこまでないけれど。
全国民に強いても到底できないだろうって納得だわ。わたしみたいな人いそうやもんねー
pantsboy | 2009/04/26 | URL [編集] | page top↑
pantsboy ちん
母語と国語の違い、分からんよねー。私なんて本読んだのに分からんよ。
ま、どっちにしろ日本語のこといってるんだと思うんだけど。

高校のときいたよね、英語の発音も明らかに私らと違って、でもそれを恥ずかしそうにじゃなく、ちゃんと授業でも出してる子らが。うちのクラスの子じゃなかった気がするけど。
アッポーとか恥ずかしくて言えないよねなんていう雰囲気の中、巻いた発音(?)するって結構勇気いると思うんだけど(そんなこと思ってる時点で英語身につかんって話だけど)、ちゃんとやってたよね~そういう子達は。で、そういう子が英語しゃべれるようになるんだよね。さっぱり英語しゃべれない私らだって同じ授業うけてたわけだし、やっぱ結局は個人の努力だよね。
ciao* | 2009/04/26 | URL [編集] | page top↑
英語
ciao*さん、こんばんは。
そのとおりだと思います。全国民が英語を使えるようになる必要は全くないだろうし、小学校から英語を教える必要もないんじゃないかと。

かくいうオカダも、字幕なしで洋画を見たい病にまた罹ったんですけど、それに要する時間やお金のことを考えると、日本版を待つ方が遙かにいいという結論になりました(^_^;。
okada | 2009/05/01 | URL [編集] | page top↑
オカダさん
考えてみたら、数学や理科の知識だって、それを駆使して何かできるほどのものは義務教育だけでは得られませんよね。
なのに、なぜか英語には相当なものを求めてますよね。

ふふふ。「字幕なしで洋画を見たい病」、もちろん私も罹ったことあります。
「英語だと何でも素晴らしく見える病」にも罹っていましたが( ̄∇ ̄)
幸い完治いたしました。
ciao* | 2009/05/01 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ciaopeanuts.blog118.fc2.com/tb.php/42-cbcc1bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。