スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | page top↑

運命の人1・2

 
運命の人(1) 運命の人(2) 山崎豊子 (図書館)

 西山事件をモデルにしたフィクション小説。山崎豊子って感じ。どんどんページが進んでいきます。

 ウィキペディアによると、西山事件とは『1971年の沖縄返還協定にからみ、取材上知り得た機密情報を国会議員に漏洩した毎日新聞社政治部の西山太吉記者らが国家公務員法違反で有罪となった事件。別名、沖縄密約事件(おきなわみつやくじけん)、外務省機密漏洩事件(がいむしょうきみつろうえいじけん)。』
 
 私は生まれてないから知らないけど、当時を知ってる人はもっと面白く読めるんじゃないかなー。羨ましい。
 新聞記者が主人公だとは思うけど、その他の人の気持ちや背景も同じように客観的に描写されるところがいい。はやく3巻以降も読みたい。
スポンサーサイト

本:小説 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
チクタク食卓(上) | top | 小さなパリジェンヌ

comments

「白い巨塔」の作者の方だね
こういう実際にあった事件モノを小説にしたのって読んだことないわ。
>どんどんページが進んでいきます
最近、こういう本に出会ってないわ
機会があったら読んでみようかな。
pantsboy | 2009/05/25 | URL [編集] | page top↑
pantsboy ちん
私たちが共通して読むのって東野圭吾だけだっけね?? 
これは面白いと思うよ~。
うちの図書館では人気で順番待ちだったわ。
ciao* | 2009/05/25 | URL [編集] | page top↑
運命jない人
ciao*さん、こんばんは。
こんな本をciao*さんが読むとは、ちょっと意外な気がしました。なかなか面白そうですね。そのうち読もうと思います。完結したぐらいに?(笑)。
確かにその当時のことを知ってたらさらに楽しめるんでしょうけど、こればっかりはどうしようもないですね。その時代のことをあれこれ調べたりしながら読むのも面白いでしょうが、それよりもついつい次の本に進んでしまうオカダでした。
okada | 2009/05/26 | URL [編集] | page top↑
オカダさん
あらー意外ですか? 山崎豊子の本だから読むのかもです。
どっかに連載してた小説なんで、もうあるんだから一気に5巻出してくれればいいのに~
と思うんですが、なんで小出しなんでしょうね??
次が出る頃にはちょっと忘れてそうです。

登場人物も、実際の政治家の誰か分かる程度の名前の変えようなので、
知ってる人はほんと楽しめると思います。福出武男とか(たしか)。
ciao* | 2009/05/26 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ciaopeanuts.blog118.fc2.com/tb.php/46-5d423993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。