スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | page top↑

愚行録


愚行録 貫井徳郎 (図書館)

 育児放棄で子どもを死なせた母親の新聞記事がまずあって、それからは全てルポライターに事件(の被害者)のことを語るベラベラ調の文章で、地の文はなし。
 そういう書き方も珍しいと思ったし、冒頭の育児放棄の事件と、みんなが語っている事件とが全然違うものなので、どういうこと!?と、またまたページターナーではあったんだけど、これまた『乱反射』と一緒で、最後は面白くなく、結局読後感としては良くない。

 うーーーん、この人の本、面白いっちゃあ面白いんだけど、どうも先細りというか、期待持たせすぎっていうか(私が勝手に持ってるんだけど)。

 なんかのっぴきならない用事ができて途中で読めなくなるっていうのが、この人の本読む一番いい方法だわ・・・と計3冊しか読んでないのに結論付けちゃ早いか。
 
スポンサーサイト

本:小説 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
背中で語れ | top | 乱反射

comments

愚行録
ciao*さん、こんばんは。
やっぱりエンディングは大事ですよね。それだけにどう終わらせるか難しいんでしょうけど。

確かに、途中で読むのやめて、結末を自分であれこれ想像して楽しむ方がいいかもしれませんね。
okada | 2009/12/02 | URL [編集] | page top↑
オカダさん
この方、途中まではホントにぐんぐん連れてってくれるんですけどね~。
それだけにラスト(後半)が残念でなりません。
なかなかのストーリーテラーだと思うんですが、ラストって難しいんでしょうね。
ciao* | 2009/12/03 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ciaopeanuts.blog118.fc2.com/tb.php/50-d429eaa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。