スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | page top↑

ダウト


ダウト ~あるカトリック学校で~

 面白いと聞いたので借りに行ったら見当たらなかったので、お店の人に聞いたら(店長だった)「仕入れます」とのお返事。1ヵ月後くらい?に入荷したかを問い合わせたら「店用に買うと12,000円かかるんですよね~でもうちのお客さんこういうのあまり借りてくれないから・・・」というわけで仕入れないことにしたと。で、「僕の貸します」と言われ店長の私物を借りて見ました。

 いっつも同じこと書いてホントしょうもないと自分でも思うんだけど、今回も一番の感想は「で、メリル・ストリープの持った疑いは本当だったのか?」ってこと。映画って、ぜーんぶ説明してくれるってことがなくて、映像から推察しなくちゃいけない。それが本当に苦手。
 メリル・ストリープの疑いがどっちだったにしろ、疑いの心をいったん持ってしまうと、何もかもそういうふうに見えてしまう、疑心暗鬼っていうけど、もうそれに支配されてしまう、ああ怖いなー。
 
 ううむ。4月に33歳になる人間が、映画見てこんな感想しか書けないって相当ダメな気がする。

 せっかく貸してくれたのに、しょうもない感想しか言えず申し訳ないなー今日店長じゃなくバイトの人の日だといいなーがっかりさせちゃうよなーああやだわあ・・・とDVDを返しに行く足取りは非常に重かったんだけど、店長「よかったですか、そうですか」とDVD受け取って会話終了。あはは。
スポンサーサイト

映画 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
お兄ちゃんは自閉症 | top | きょうの猫村さん(2)

comments

ダウト
ciao*さん、こんばんは。
私物を貸してくれるなんて、いい店長ですね。それにしても、仕入れ値が12000円だなんて、結構するものですね。レンタル料金が300円とすると、40人借りてくれないと元がとれないわけですね。

オカダも去年ネットで借りて見ました。アカデミー賞の候補にもなってたし、結構話題作だったと思いますが、確かに一般受けする内容ではないかもしれませんね。

「で、メリル・ストリープの持った疑いは本当だったのか?」とは、オカダも思いました。ちゃんと教えてくれよ、と思いつつも、やはり観客にも「ダウト」を抱かせたまま終わる方が、良かったのでしょうね。気になって仕方がなくて、余韻が残りますからね。

オカダも、文章以上に映像で推察しなきゃいけないものって苦手ですけど、想像する楽しみはありますよね。といって何度も見直すということもしないんですが。

これ、ほんとに怖い映画でしたね。ciao*さんの感想はズバリこの映画の核心を衝いてると思います。

店長に「どこがよかったですか」とかつっこまれなくてよかったですね。

とまあ、またつまらないコメントを書いたりしてる訳ですが(^_^;)。
okada | 2010/02/18 | URL [編集] | page top↑
オカダさん
仕入れ値、高いですよねー。
店長、僕はこういう作品好きなんですけどねーと言ってましたが、経営を考えると好きな作品も置けないとは、なんだか気の毒でした。
そうそう、これアカデミー候補だったんですよね。だから見たい人割といるんじゃないかと思うんですが、店長の今までの経験から、あの店のお客さんには受けないと判断されたんですね~。

>やはり観客にも「ダウト」を抱かせたまま終わる方が、良かったのでしょうね。気になって仕方がなくて、余韻が残りますからね。

ああ、なるほど! うまいこと作ってあるもんですねー。

映画でも本でも、本当は解釈はこちらに委ねられていると思うんですが、ついつい正解というか、向こうの趣旨どおりに受け取らないといけないような気になってしまうんです。だから自分の感想をいつもちゃっちく思ってしまうのかもです。これで合ってるのか?とか。

>とまあ、またつまらないコメントを書いたりしてる訳ですが(^_^;)。

ふふふ。卑下エントリーには、こうやって同じようなノリで返してくださるところが、やっぱりオカダさん大人でステキですね~♪
ciao* | 2010/02/19 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ciaopeanuts.blog118.fc2.com/tb.php/67-0328cd3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。